FrontPage

こんな人にオススメしたい!スクラム制汗サラメン

最近では、身だしなみが重視される時代となってきました。その中で様々な商品が販売されるようになってきましたが、スクラム制汗サラメンがお勧めできます。

その理由としては、自分でも嫌になるワキガのニオイを何とかしたいと考えている人も多く、ニオイが気になって仕事に集中できないというような悩みを抱えている人も多くなっています。

スクラム制汗サラメンは、ワキガやワキ汗のニオイの悩みを抱えていたビジネスマンの方々からも高い支持を得ています。

悩みを抱えている人は、仕事中などでも大事な商談前になると滝のようにワキ汗が流れるのが自分で分かったり、満員電車に乗るたびに、背中まで濡れてしまうほど汗をかいてしまったり、緊張するとワキから汗が出ている事ばかりに集中してしまう、帰宅後にシャツを脱ぐとビックリするくらいの汗ジミが出ている、冬場に厚着すると脇部分が汗で冷たくなってしまう、ジャケットを脱いだ瞬間にニオイがこみあげてくるなどという人にお勧めできます。

そんな悩みを抱えている人は、実際に、汗ふきシートなどと使ってふき取ったり、出勤前には制汗剤などと使ったり、香水を使ったり、パットを使ったり、手術などを行ったりというようなことを行っている人も多いと思います。

ワキ汗の原因は、ストレスや不安、緊張と言われています。緊張するとワキ汗をかいてしまうという経験は誰でもあると思います。ワキ汗は精神的な影響が大きく関わっていて、過度のストレスや緊張は、副腎皮質ホルモンやアドレナリンの放出を促し、皮脂の分泌が促進されてしまいます。その結果、ワキ汗が増えてニオイが強くなってしまうのです。

それだけでなく、食生活も関係していて、脂の多い食事や肉中心の食生活、ファーストフード、インスタント食品、お酒、コーヒーの飲み過ぎ、冷たい物ばかり食べる、辛い物や刺激の強い料理、酸味の強いものをよく食べるという人は、ワキ汗の量が増えてしまいニオイが強くなってしまうと言われています。

また、日常で運動不足の方もワキ汗が増えるのですが、エクリン腺からの発汗が原因となっています。エクリン腺は全身にあり、本来は体全身からの発汗で体温を調節するようになっていますが、運動不足や一日中、温度変化のない室内で過ごすことにより、体の汗腺が休眠状態に入ってしまいます。そうなると湿度が少しでも上がってしまうと心臓に近いワキの下のエクリン腺が活発になってしまい、ワキ汗が目立ってしまう傾向にあります。

また、ある程度の年齢になると肥満になってしまう人も多いのですが、肥満体型の人は、脂肪の量が体の熱を発散するのを妨げるので、体温が上昇してしまい、汗をかきやすくなってしあみます。この場合には、何よりも肥満解消をきちんと考えていく必要があり、べたつく汗が気になる人は、植物性脂肪のとり過ぎが汗のニオイを強くしている可能性が高いと言えます。

仕事をしている中で生活習慣の乱れは仕方ないと感じてしまう人も多いと思いますが、その中でも自分が出来る対策を取り入れてスクラム制汗サラメンを活用するのが何よりもおすすめできます。

スクラム制汗サラメンには、制汗、雑菌、抗菌、LIBアロの力でワキガとワキ汗をブロックする事が出来ます。LIBアロマは、今までにない新発想で気を高める事が出来るレモンを使用しています。リフレッシュしたいときや集中したいときなどにお勧めで気持ちの切り替えを促することが出来て近い力や集中力を高める事が出来ます。

また、強くて優しい抗菌パワーがあるティートリーも配合されています。精神的な弱さからくる不安を和らげる事ができ、自信を持たせて活性化させてくれます。何かの壁を乗り越えないといけない時などに力を与えてくれるのです。

救いのハーブのクラリセージも配合しています。静作用と精神を高揚する作用があり、不安やストレスで落ち込んでしまっている時や緊張してプレッシャーなどを抱えてパニック等の精神的な混乱に落ちているとき心を落ち着かせて穏やかにしてくれます。
使い方も簡単で、クリームを手にとって、水気を取り除いて清潔な状態の両ワキに薄く伸ばしていきます。更に耳の後ろや首筋などにも塗っていきます。そうすることにより、アロマセラピー効果をより高める事が出来ます。

SARAMENのLIBアロマは主張する香りではなく、さりげない清潔感のある香りでどんな時に使っても大丈夫です。また、香水代わりに使う事も出来ますので、多くの方にお勧めできるアイテムです。

汗がアンモニア臭・・・危険な病気のサイン

汗がアンモニア臭がする場合には、恐ろしい病気が原因となっている場合があると言われています。今回は、考えられる病気と対策法を紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

暑くなると汗が出るのは当たり前のことですが、汗かきという人は、周りの人へのニオイにも敏感になってしまいます。汗のにおいがいつもと違っているという場合には特に心配になってしまう事もあります。

汗がアンモニア臭いになってしまう原因ですが、疲労などにより腎臓の機能が低下して本来アンモニアをろ過する役割を果たしている腎臓が正常に機能していない状態で、アンモニアの分解が難しくなって汗がアンモニア臭となってしまう事があります。

腎臓が正常に機能しない場合には、身体の中でアンモニアだけでなく、毒素を分解する力も低下してしまうので、長く続いてしまう場合には、病院へ受診するようにしましょう。

また、激しく運動をした際にも乳酸が筋肉にたまってしまって、それを体の外に胚珠るする為に汗に乳酸が混じってアンモニア臭となってしまう事があります。疲れや、肝機能、消化機能などが低下している事が原因となっている場合が多いので、運動をして異常な匂いだと感じた場合には、病院へ受診してみるようにしましょう。

実際に、汗がアンモニア臭の場合に考えられる病気ですが、一般的に誰でも感じる疲れです。疲れがたまってしまうことにより、身体の機能が低下してしまいます。疲れは、病気とまではいきませんが過労に注意が必要となってしまいますので、ゆっくりと体を休める時間を作る必要があります。

更にニオイが強い場合には、膀胱炎なども考えられます。トイレに行きたいのを我慢したりすることが多く、残尿感がある場合には注意するようにしましょう。実際に、汗がアンモニア臭がする場合には、腎臓の病気が疑われるのですが、成長にに脳していない場合には、尿ではなく身体にたまって汗として出てくる事も多いので、重症化してしまう前に、一度病院へ受診する事がお勧めできます。

汗がアンモニア臭となってしまうと自分でも早めに何とかしたいと考えると思いますし、1日でも早く改善したいと思いますが、何よりも対策法として疲れをとる事が一番大切になってきます。

今の時代は、お風呂を湯船に浸からず、シャワーで済ませる人も多くなっているのですが、何より、ゆっくりと湯船に浸かって、十分な睡眠時間を確保する事が大切になってきます。

疲労を改善する事により、アンモニア臭の汗を改善に導く事が出来て、肝機能を正常に戻す為には、お酒を控えるようにして、続けて、毎日お酒を飲むのではなく、休肝日を作るようにして、肝機能を正常な状態で維持していく必要があります。

汗がアンモニア臭という悩みを抱えた場合には、食べ物でも対策を行う事が出来ます。クレン酸やオルニチンを摂取することにより、肝機能の調子を整える事が出来て、クエン酸は、酸味が強い食品に多く含まれていますが、レモンやグレープフルーツ、いちご、キュウイ、梅干しなど手軽に摂取することが出来る食べ物で補う事が出来ます。

オルニチンは、シジミやキハダマグロ、エノキダケなどに多く含まれていますので、食事に取り入れることにより、肝機能を正常に近づける事が出来て、悩みを改善に導いていくことが出来ます。

また、入浴はできるだけ就寝前にリラックスした状態でゆっくり入るようにして、乳酸を放出した状態で就寝することにより、アンモニア臭を軽減する事が出来ると言われています。

注意点としては、激しい運動を控えるようにして、手軽に行う事が出来るウォーキングなどを取り入れることにより、乳酸の発生を軽減する事が出来るのでアンモニア臭に効果的となっています。

汗がアンモニア臭がする場合の対策は何よりシンプルでゆっくり身体を休ませることと、リラックスできる時間を作る事、食事などに少し気を使うことなどとなっているので、誰でも手軽にできる対策となっています。

お酒やたばこなどは控えるようにして、ゆっくりと眠ることにより、体の機能を正常に導いていく事が出来ます。実際に、今の時代は、ストレス社会となっていますが、ストレスが疲労を助長させてしまいます。

心配ごとなどがある場合には、早めに解決するようにして、ストレスは日常の生活の中で自分の趣味などを見つけて発散できる環境を作る事も大切になってきます。

健康を維持していく為には、何よりも日常の生活の中で毎日の疲れをその日のうちに取る事が出来る環境が重要で、湯船にゆっくり浸かってリラックスするだけでも効果を期待する事が出来ますので、シャワーで済ませているという人は、今日からでもお風呂をためるようにしてゆっくりとのんびり湯船の中に使ってみるようにしましょう。

通常の体臭とはココが違う!わきが臭

最近では、自分のニオイに敏感になっている人も多く、汗のニオイがするとワキガなのか、体臭なのかという事に悩みを抱えている人も多くなっています。そんな中で体臭とワキガ臭の違いを見わける方法を紹介していきます。

ニオイはデリケートな問題でもあり、指摘する事も出来ず、言われる側もかなりのショックを受けてしまいます。そんな中で、今の時代は清潔感が何よりも第一印象を決めるともいわれています。

ニオイなどに対しても敏感になっている人も多く、特にワキガの人は肩身が狭い思いをしているというような方が多くなっています。ワキガはワキの下から臭う独特のニオイです。

ニオイは客観的に判別をつける事が難しいのですが、ワキガのニオイは鼻にツンとするニオイがするとも言われています。欧米の人は8割もの人がワキガ体質ともいわれていますが、日本ではまだ、1割にとどまっています。ワキガの悩みを抱えている人は、200~250万人と推測されています。

海外では、ワキガ臭が当たり前なので、セックスアピールにすらなっていると言われていますが、日本では理解してくれる人の方が少ないと思います。

ワキガを病気と考えている人も多いのですが、ワキガは病気ではありません。体質なのです。ワキガの原因となっているのはアポクリン汗腺からの発汗です。アポクリン腺からの汗そのものは無臭ですが、栄養分が多く、皮膚ににじみ出たあとに肌の細菌が分解することにより、独特の体臭となってしまいます。

アポクリン腺は毛穴とともに存在しているのですが、そこには皮脂線もあり、その皮脂腺から分泌された脂質がアポクリン腺からの汗を合わさって、余計にニオイがきつくなってしまうのです。

通常の汗であるエクリン腺から出てくる汗が多くても、汗の蒸発とともにニオイがまき散らかされる為に臭さが増してしまうのです。アポクリン腺は利き腕に多く存在していると言われていて、利き腕の方が臭いがきつくなってしまう傾向にあります。

実際に、ワキガと誤解する人も多いのですが、ワキの下から臭いがするからと言ってそのままワキガと決めつける事はできません。単なる汗でもたくさんかいて、長時間放置することによりニオイがしてしまいます。

また、精神的ストレスなどでかいてしまう汗は、通常の汗と比べると悪臭が出やすいと言われているのですが、汗臭を本人や思い込みなどによりワキガと勘違いしてしまう事もあります。

また、ワキガの人は衣類が黄ばんでしまうと言われていますが、これはワキガの人も衣類が黄ばみが出ない人もいますし、逆にワキガでない場合でも、汗に色素が混じっている場合には、黄ばんでしまう場合もあるのです。

ワキガを正しく診断する方法については、専門医にお願いすることにより、確定でいますが、自分で診断するのは少し難しいと言われています。自分が診断する方法としては耳が湿って柔らかい人はワキガの可能性があると言われています。デオドラントクリームだけでは対処しきれません。

耳の中の外耳道には、普通の汗腺のエクリン腺はないので、通常は汗はかかず、乾燥しているのです。しかし、この部分が湿ってる場合、特別な耳の病気でもない限り耳垢が湿っている場合にはアポクリン腺の働きと言えます。

アポクリン汗腺は必ず毛根の部分に存在しています。なので、アポクリン汗腺の数が多くなる可能性が高いのです。わき毛とワキガの関係ですが、女性の場合には、毛が多いだけでなく、毛が太かったり、一つの毛穴から2本生えている毛の割合が多いとワキガの可能性が高いと言えます。

男性の場合には、猫毛のようなフワフワしている人の方がワキガに多いと言われていて、男性の場合には、まれに、ワキ毛に白い粉のようなものがついている場合が愛rますが、アポクリン腺から分泌物が結晶化したもので、このような症状がある場合には、高確率でワキガ体質と言えます。

※ワキガなら、デオドラントクリームはまだ買うな!商品選びの危険な罠。

実際に、ワキガと思い込んでいてもワキガではなかったという事もありますので、自分で判断する事が出来ない場合には、医療機関での判定を行う事がお勧めできます。思い込みだけでは確定する事が出来ませんので、思い当たる点がある人は医療機関に出向いてみるようにしましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional